こんな風に思って下さり本当に幸せです!

このページ内の目次

人は、どんな時に頑張れるのか。
それは、“人のために頑張りたい”腹くくれた時だ。

人は人のためになら頑張れる。

日常の生活の中でも、働いたり活動したりしている時、ほんの少しでもいい、喜ばせたい誰かがいれば、もっと頑張ろうというエネルギーが湧いてくる。

そんな経験はないだろうか。

滅私奉公ではなく、見返りを求めるでもない純な気持ち。 

自分が“人のために”と思える。
それが、精いっぱい「」を頑張れる、

そして夢を叶える唯一の近道だと思う。 

画像、こんな風に思って下さり本当に幸せです!

※画像のWHはワカホームで、綿半ホームエイドではありません(^^♪

トップに戻る

前へ

長野駅から20分 イイトコ保科 その③ 雪が少ない!

そのほかのWakaho-Meの想い


トップ