「こうしたいから」でやってみようと思う

このページ内の目次

コロナ渦中、さすがに落ちる時がある。

ただ、会うと元気をもらえる方々がいる。

その方々は何が違うのかと思った。

誰しもForYouの気持ちは持っていると思う。

ただ、人に元気を与えられる方々は、誰だからする。誰だからしない。が「ない」と気付いた。

人は、自分にとってメリットがあるかが基準だったり、GiveしてもらったからTakeするだったり、条件を付けてしまう。

元気を人に与えられる方は、条件を付けない。

5月飲食店応援でエムウェーブで行った「テイクアウトde屋台村」。

行きがかり上、実行委員長になったが、立ち上げメンバーに「条件」はなかった。

今日、出店飲食店さんから

「5月どれだけありがたかったか」と感謝され、ハッとした。
 

企業は利益至上。

慈善団体でも「こっちが上、あそこは下」なんてやっているトコがある。

ワカホームだからできる、それらの条件なしに「こうしたいから」でやってみようと思う。

うまくいかないこともある。

でもその姿勢が多くの方々に元気を与えられるんじゃないかな。

                【中澤 裕佳】

トップに戻る

前へ

信州プロレスリング LINEスタンプ プロジェクト

次へ

信州プロレスリング公式ラインスタンプ ついに完成!

そのほかのWakaho-Meの想い


トップ