「来てくれてありがとう」と言ってもらえる場所

このページ内の目次

人がつらい思いをするのは「家か会社(学校)か」みたいな選択肢が限られた中で、どちらも居心地が悪い時だ。

心から安心できる人がここにはいない。

否定の目でいつも見られていると感じる。

私自身、高校時代、家でも高校でもなく「ここにいてもいいんだ」と思えた場所は予備校でした。

 

どうしてWakaho-Meを立ち上げたかというと、自分を肯定してくれる場所さえあれば、人はチャレンジするハードルは下がると思ったから。

チャレンジしなければいけないということではありません。

押しつけが入ると、結局息苦しい場所になってしまう。

また、Wakaho-Meは「救いたい」という上から目線はなくて、とりあえず箱(場所)を用意して、あとは「こんなんやるけど興味ある?」くらいのゆるい関係でいいと思っています。

 

「来てくれてありがとう」と言ってもらえる場所であることが、何より大事だから。

トップに戻る

前へ

もうひとつの拠点でありたい

次へ

信州プロレスリング LINEスタンプ プロジェクト

そのほかのWakaho-Meの想い


トップ