ForYouとは配慮

このページ内の目次

最近、自分は配慮ができていないなぁと感じたので、改めて考えてみた。

提案に相手が消極的な感じだったので、「あれ?この提案って独善的だったのかな?」と気づいた。
相手の為のつもりだったのだが、成功体験から、相手に「正」を押し付けてしまった。

「あの人がいくところ、いつも波風立つんだよね」と言われている人がいる。
頭もいいし、スキルも高い。話してみると自己中心的ってわけでもない。
ただ、「配慮」がない。

「配慮」とは相手への心配りだとするなら、相手のやっていることをまず邪魔しないことが前提で、自分のスキルや善意を一方的に押し付けることではない。
まして自身の利益に誘導する打算が見えたらドン引きしてしまう。

相手の課題には介入せず、助けが必要な時はいつでも手を差し伸べられる距離にいる。
改めて「配慮」ということを再認識した。
    【中澤 裕佳】

※ミスター配慮 若穂紙器会長

トップに戻る

前へ

2020年10/3市民新聞掲載

そのほかのWakaho-Meの想い


トップ